オナ電の面倒な準備に関する魅力とは

対面で誰かに出会うとなると、色々と準備しなければなりません。
例えば、服装などもそれなりに気を使う必要はあります。
そうかと思えば、話の仕方なども工夫する必要はあるでしょう。
相手と良い関係になるためには、やはり工夫は必要です。
その他にも、準備するべき点が色々あるのです。
このため誰かに出会うというのは、実はかなり面倒な一面があります。
エッチという報酬は大きいですが、そこに至るまでの準備作業などはかなりの労力が必要です。
ところでオナ電というのは、実は非常に手軽なのです。
それでオナ電をしようと思うなら、一応は実店舗のテレクラという手段があります。
ただテレクラは暗いイメージがあるので、ちょっと足を運びづらい事もあるでしょう。
しかし、それは一昔前の話です。
時代は既に大きく変化して、もはやスマホでも簡単にオナ電を楽しめる状況になっています。
というのも今では、オナ電を楽しむ為のアプリも色々と登場しているのです。
スマホ専用のテレクラなども、多くの業者が提供しています。
それでスマホで操作をする分には、わざわざ暗い雰囲気のある店舗まで行く必要もありません。
明らかに手間は小さいでしょう。
まして対面での出会いと比べても、労力が小さい事だけは明らかです。
大変手軽に異性とやり取りを行えるのは、オナ電の大きな魅力と言えるでしょう。
しかも対面の出会いと違って、かえって興奮する事も多々あります。
ですから一度はオナ電を試してみると良いでしょう。

テレフォンセックスをする時間は何時頃が多いの?

テレフォンセックスをする時間は何時頃が多いの?
大部分の人は日中は仕事をしていたり家事をしていたりします。
ウイークデーならば仕事が終わった夜になるでしょう。
午前や昼間にプレイするならば休日でないと不可能です。

しかし、そういった人気の時間帯は、大勢のユーザーがサイトにアクセスします。
あなたが希望するパートナーが他のユーザーとプレイしていることもあるでしょう。
また電話そのものが繋がりにくいケースも少なくありません。

理想的なプレイ時間帯

できるならばウイークデーの午前やお昼間がいいでしょう。
あなたが好みの女性が指名しやすくなります。
電話もスムーズに繋がるからストレスも感じないでしょう。

深夜の時間帯も狙い目!

テレフォンセックスサイトは24時間営業が普通です。
夜中でも使えるのです。
休み前の真夜中ならば利用するのもアリ!「相手の女性に迷惑がかからないか?」と心配する男性もいます。
しかし、もともとシステムとしてログインしている相手にしか繋がりません。
迷惑などかからないのです。
静寂なムードが漂う深夜の二時三時。
それはそれで独特の雰囲気でテレフォンセックスが楽しめる時間帯になります。

テレフォンセックスでもムードを大切に!

性行為をする場合は、それなりの手順や流れがあるよ!
実際に対面して性行為をする場合や風俗でエッチする場合でも、それはあります。
今回テーマにしているテレセ(テレフォンセックス)も例外ではありません。
しっかりと、手順と流れを踏まえなければ楽しいテレフォンセックスはできません。

絶対にしてはならないこと!

はじめからいきなりエッチなトークをすることです。
電話をかけます。
相手がでます。「よろしくお願いします」と返事があります。
そこで「じゃあ、エッチしましょうか?」では色気もムードもありません。

いきなり本格的な性行為になるのはリアルSEXでも風俗でもあり得ない

リアルなセックスの場合はベッドに入ってお互いのカラダを愛撫したり、キスしたりしてムードを盛り上げます。
デリヘル嬢などの風俗の場合でもそうです。
全身リップやディープキスからスタートしてまずは前戯から入るのが暗黙の了解になっています。

テレフォンセックスでもムードを大切に!

エッチな気持ちに持って行く時間は必要です。
前戯は不可欠ですから5分から10分の時間を使いましょう。
自己紹介や何気ないトークでいいのです。
テレフォンセックスに切りかわるタイミングでもいきなり過激な会話はダメ。
少しずつ焦らしたりしながら口説くのがいいのです。
リアルなセックスでも濡れていないのに挿入しないでしょう?

官能小説を書く女性とオナ電で楽しませてもらいました

オナ電で出会える女性の中には色々な人がいました。
若い女子大生もいれば、暇をもて余した人妻だったり現役の教師もオナ電を利用していました。
最近面白い女性とオナ電で出会ったので紹介します。
その女性はフリーターではあるのですが、彼女は官能小説をネットに投稿するのが趣味らしく、オナ電を利用するきっかけとなったのも官能小説を書くためということでした。
その話を聞かされた私は私との経験が官能小説になるかもしれないというプレッシャーに襲われてしまい、いつもの変態っぽさを発揮できないでいたのです。
しかし、さすが普段から官能小説を書くことを趣味にしている女性だけあってか、発される一言が凄くエロいのです。
「舐めてもいいけど噛んじゃいや」「入れる時は唾液で濡らしてから」など、まるで本当にセックスを楽しませてくれているかのような感覚に陥ってしまうほど、エロい一言なのです。
これらの一言一言を聞いていると私もようやく本来の変態モードに突入することができ、「ほらこんなにも糸を引いてるよ」「ザーメンはどこに塗ってほしいのか言ってごらん」という感じで自分らしさを発揮できるようになったのです。
ただオナ電が終了して驚かされたことがあったのです。
この女性ですが官能小説を書くことが趣味だというのに男性経験が1度もないということでした。
この女性とのオナ電を経験した私としては女性が処女だということが未だに信じられないでいるのです。
女性と約束したのはオナ電で官能小説を朗読してくれるということです。

高齢者になっても楽しめるオナ電の魅力

高齢になって男性機能が低下したり、女性にアプローチするのが恥ずかしい年齢に至ったとしても、電話越しに淫らな言葉を交わし合い、自慰を促すオナ電を楽しむ上では、全く問題になりません。
言うなれば、死ぬまで性生活を楽しめる趣味として重宝するオナ電の魅力を知っておくことで、老いることへの不安が一つ減りますので、幾つになっても女性をイカすことのできる魅惑の世界について学んでおきましょう。
実際に愛撫をするのは女性自身でも、声で指示する事によって、その指使いの速さやストロークの長さは指示することができますので、オナ電とは遠隔操作で愛撫しているようなものです。
男性から要求されたり、支配されることに喜びを感じる女性がハマりやすいオナ電は、そのような主従関係を女性から望まれることも多いため、ピチピチした年下男性よりも年齢層が高い男性がモテる傾向にあり、年齢と共に枯れたような渋い声も、肯定的に捉えてくれますので、中高年の男性にとっておいしいジャンルと言えます。
魅力的な指示を出してくれるご主人様として気に入られれば、おもちゃのように女性を動かすことができますので、愛撫の指示を出しまくっているうちに、どんな男性でも夢中になります。
また、上の世代ほど、女性はおしとやかであることが求められ、露骨に淫乱なお願いをするような女性は少なかったので、初めて体感する女性の乱れっぷりにハマってしまう男性もいます。
声だけで一人の成人男性として認め、欲情してくれるオナ電のコミュニケーションは、老化現象で男性としての自信を失ってしまった方々を元気にしています。

自分なりにいろんなテレセを試してみる

どういったテレセが最も気持ちよくなれるか、どんなテレセをすれば大きな満足感を得られるのか、それは人によって違うことは言うまでもありません。
なので、自分なりにいろんなテレセを試してみて、最も合ったやり方を見つけるといいでしょう。

例えば、人によっては前戯に時間をかけた方が、より興奮が高まるというケースもあるでしょう。
あるいは、とにかく激しくエッチをするのが好きな人もいれば、落ち着いた雰囲気でじっくりと楽しむのが向いている人もいるでしょう。

このように、どのようなテレセが自分に最も合っているのか、実際に試してみて見つけることが重要となるのです。
こういったことは、自分で体験してみないと分からないわけですし、もしかしたら理想のテレセを発見できるかもしれないのです。

もっとも、テレセをする相手によっても、どういった方法で行うのがベストかは違ってきたりするので、そのあたりも考えながら試行錯誤していくといいでしょう。

声しか聞こえないので逆に興奮できる

テレセにおいては、唯一相手のことで分かるのは声だけになります。
顔も姿も一切分かりませんし、もちろん相手に触れることもできませんし、そんな状態で妄想セックスをするわけですが、果たして興奮することはできるのでしょうか?

普通に考えれば、相手に触れられないどころか、姿すら見ることができないわけですから、何だかイマイチに感じるかもしれません。
しかし実際は、声しか聞こえないからこそ逆に興奮することができるのです。

声だけしか分からないという状況によって、いろんなことを妄想することができますし、想像をどんどん膨らませることができるのです。
それに、相手の姿が分からないことで、逆に声だけに集中することができますから、それも妄想する上でのプラス要素となります。

普段の生活でも、例えば綺麗な声の人と電話をしたりすれば、ちょっと興奮した気持ちになると思います。
テレセもそれと同じことで、声というのが性欲を満たす大きな役割を果たしているのです。

電話エッチの相性は実際にプレイしないとハッキリしない

楽しくて満足できる電話エッチをするならば相手選びが大切!
あなたに合うテレセパートナーをプレイすれば満足度も高いです。
そうじゃないと悦びも半減してしまうのです。裏を返してみると、あなたと性癖や相性がピッタリの電話エッチパートナーを見つければいいのです。
満足度はマックスになるはずです。

どのように電話エッチの相手を選ぶといいの?

プロフィール・自己紹介欄・性格・趣味・顔写真……そんなデータがあれば全部チェックしましょう。
それをするだけでも、あなたに合うのかどうかが、それなりに判断できます。

究極的には実際に電話エッチをプレイしなければ本当に合うかどうかは不明!
パッと見で自分とは相性や性癖がベストに見えても、実際にプレイしたらそれほどでもなく落胆するケースは日常茶飯事です。
それとは正反対に、イマイチかなと思っていてもプレイしてみると最高なパートナーのときもあります。

電話エッチの相性は実際にプレイしないとハッキリしない

それも1回だけの電話エッチのプレイでは判断できないこともあります。
何度かプレイしてみて初めて相手のことの良し悪しが判断できることもあるのです。

ライブチャットサイトが向いている人は映像を見て興奮するタイプ

テレフォンセックスのイメージは?
男女がお互いのセクシーボイスを聞きながらプレイする印象があるでしょう。
電話の向こう側の相手の姿はみえません。
そこはあなたが自由に好きなように妄想すればいいのです。
喘ぐ声によって体位やポーズを思い浮かべるのが秘訣です。

問題はすべての人が想像力が豊かではないこと

スケベなタイプや淫乱で、セクシーな想像ならば、いくらでもできるならば問題ありません。
ですが性体験の多さにもよるでしょうが、そうでない人もいるのです。
どうすればいいでしょうか?そこでライブチャットサイトです。

ライブチャットサイトの特徴

声だけではなくてiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンやパソコンのWebカメラを利用します。
相手の顔や姿をリアルで見ることができます。
チャットしながらテレフォンセックスができるのです。

人によっては性癖はさまざま

ヘッドフォンを使って耳元で喘ぐ声を聞く方が興奮する人(聴覚派)もいます。
また視覚派で映像を見なければ興奮できないタイプの人もいるのです。個人個人エッチだと感じル方法は違います。

ライブチャットサイトが向いている人は映像を見て興奮するタイプ

相手の興奮状態も手に取るように分かります。
下着姿になったりするとよりリアルにテレフォンセックスができます。
チャットだけでなく肉声での遣り取りもできます。

「有料」テレフォンセックスサイトの魅力

テレフォンセックスサイトを利用しているユーザーは無料サイトを使っている!
インターネットで気軽に電話エッチができる相手が見つかるのがテレフォンセックスサイトです。
ほとんどの人は無料のタイプを使っているでしょう。
それか最低限度の「紹介料」を払うだけのサイトです。

経済的な負担があるので敬遠されがちがな「有料」サイト

お金をかけたくない……そんな気持ちがあるから避けるのは当然です。
利用料金が大きなネックになります。
「紹介料」や「指名料」などが追加で発生します。
合計で見たら結構な金額になります。これではゆっくりと電話エッチに集中できません。

「有料」サイトの魅力

高品質のサービスが受けられることです。
プロフィール欄も充実していますし、SNSスタイルの日記などもあります。
便利で役立つ機能が搭載されていますし検索もばっちりです。
なんといっても女性のクオリティが高いのが大きな魅力になっています。

時々は利用してもいいかも?

毎回「有料」サイトを使うのは厳しいでしょう。
少しマンネリしてきた場合は、アクセスしてみてください。
これまでに経験したことがない電話エッチに遭遇するかもしれません。

相手にボディタッチしないのにどうして快感を得られるのか?

テレセ(テレフォンセックス)はリアルエッチよりもずっとずっと深い快感を得られる!
テレフォンセックスがあっている人はそんな風に言います。
ですがテレフォンセックスを経験していない人にはそれが不思議に映るようです。

相手にボディタッチしないのにどうして快感を得られるのか?

基本的には相手の声でオナネタ妄想します。
ですからルックスやスタイルはあなたの理想の女性をイメージできます。
リアルセックスでは、そうはいきません。
現実が目の前にあるのですから、それを受け入れるしかないのです。
しかしテレフォンセックスは理想の相手を作りだせます。

ボディータッチできなくても声を聞くだけでいいのです。
いくらでも無限大に想像と妄想の世界を楽しめます。
そこで、溺れてしまえばいいのです。
そんな楽しみができるのがテレフォンセックスです。
インテリ層に人気があるのは、イマジネーション能力にも関係があるのかもしれません。

リアルセックスでは制限がありすぎる!

テレフォンセックスに向いていない人は想像の世界を楽しめない人です。
そんな人は快感を得ることができないです。
リアルセックスでの制限のあるプレイで楽しむしかないでしょう。
テクニック的なものも要求されます。
インターネットではテレフォンセックスを指南するサイトもあります。
参考にしてみてバリエーションを広げるといいでしょう。